消費者金融の過払い金返還手続きについて

カードローンを長期に利用しているような場合、金利分も借金返済と同時に支払っていますが、多く支払い過ぎている可能性があります。消費者金融の金利については、法律で上限が定められていて、それ以上の金利を支払っていた場合は、消費者金融に対して返還請求をすることができます。
この金利の過払い金の返還請求をするためには、基本的には弁護士や司法書士に依頼して、自分に代わって手続きを行ってもらうことが多いです。ですから、まずは弁護士、あるいは司法書士の事務所に相談してみるということから始めることになります。もし、弁護士や司法書士の判断で過払い金の返還請求が可能であると判断されれば、次に過払い金の返還手続きを進めていくことになります。
返還手続きの流れとしては、依頼を受けた弁護士などが消費者金融に対して、手続きの開始の通知を行います。これにより、借金返済の催促などが行われていたような人は、催促は一旦収まることになります。次に、情報開示の請求を行います。これは、実際の過払い金がいくらなのかということを調べるために必要な資料であり、取引履歴などがこれにあたります。このような情報を請求された会社は必ず開示する必要があります。次に、支払い過ぎていた金利分が確定したら、最後に返還請求をすることになりますが、場合によっては、弁護士と消費者金融との間で交渉が続くことがあります。どのくらいの額が返還されるのかということについては、借金の額であったり、期間などによって異なってきます。