おまとめローン「慎重に」金融庁が監督強化

おまとめローンは、複数のローンを1つにまとめることで返済の手間を軽減することができ、さらに金利も大きく下げることができます。不動産を担保に入れるなら、借手側はとても低い金利で借りることができ、銀行側は少ないリスクでお金を貸すことができるという利点があります。しかし、おまとめローンには問題点もあり、金融庁が「慎重に」と呼びかけています。

おまとめローンの問題点としては、過払いの利息も元本に組み入れられてしまうということです。グレーゾーン金利で返済をしていた場合、過払い金が発生しています。過払い金を引き直し計算しないままおまとめローンを利用してしまうと、本来ならば支払う必要のないお金まで元本に組み入れられてしまいます。例えば、借金の残高が100万円、過払い金が50万円なら、本来は残った借金は50万円になりますが、おまとめローンで100万円のローンを組んでしまうことで、かえって損をしてしまうという結果になります。

また、多額の延滞利息が発生している状態ですと、その延滞利息も元本に組み入れられてしまい、かえって支払い総額が多くなってしまうこともあります。それならば、債務整理をしてしまったほうがメリットがあるというケースもあります。

このように、おまとめローンには問題点もあり、金融庁は過払い利息の有無を確認するように借り手に呼びかけています。今後、金融庁の指導により、おまとめローンの審査が厳しくなる可能性もあります。
http://www.tallahasseekitchencrafters.com/