プロミスは銀行系?銀行系カードローンってそもそも何?

銀行系カードローンという言葉がカードローンを比較したり調べたりしているとよくでてきますね。大手のカードローンのプロミスなどは、やっぱり借りるなら銀行系カードローン!だといって紹介されていたりします。でもそもそもこの銀行系カードローンって一体なんなのでしょうか?何が得なのでしょうか?

銀行系カードローンというのは、一般的には銀行のグループに属する消費者金融のカードローンのことです。例えばプロミスでしたら三井住友銀行系、SMBCコンシューマーファイナンスですよね。アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループ、つまり三菱東京UFJ銀行系というかんじです。

このように大手銀行に属していることで、まずは安心感がありますよね。消費者金融というと何となくイメージも怖かったりしますが、いつも利用している三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行のグループなんだと思えば安心感があります。また、大手だけに借入や返済時に利用できるATMの数が多いというのも魅力の一つです。利便性が高く、また比較的融資限度額も高めな傾向にあります。

ただし、サイトによっては「銀行系」を銀行カードローンのことも含めて指していたり、また銀行カードローンのみのことを指していたりするケースもあったりします。銀行カードローンと消費者金融である銀行系カードローンとでは総量規制の影響のあるなしなど同じカードローンでも大きな違いがあります。比較サイトなどを読む際には、こうした点についても十分気をつけたいところです。

消費者金融の過払い金返還手続きについて

カードローンを長期に利用しているような場合、金利分も借金返済と同時に支払っていますが、多く支払い過ぎている可能性があります。消費者金融の金利については、法律で上限が定められていて、それ以上の金利を支払っていた場合は、消費者金融に対して返還請求をすることができます。
この金利の過払い金の返還請求をするためには、基本的には弁護士や司法書士に依頼して、自分に代わって手続きを行ってもらうことが多いです。ですから、まずは弁護士、あるいは司法書士の事務所に相談してみるということから始めることになります。もし、弁護士や司法書士の判断で過払い金の返還請求が可能であると判断されれば、次に過払い金の返還手続きを進めていくことになります。
返還手続きの流れとしては、依頼を受けた弁護士などが消費者金融に対して、手続きの開始の通知を行います。これにより、借金返済の催促などが行われていたような人は、催促は一旦収まることになります。次に、情報開示の請求を行います。これは、実際の過払い金がいくらなのかということを調べるために必要な資料であり、取引履歴などがこれにあたります。このような情報を請求された会社は必ず開示する必要があります。次に、支払い過ぎていた金利分が確定したら、最後に返還請求をすることになりますが、場合によっては、弁護士と消費者金融との間で交渉が続くことがあります。どのくらいの額が返還されるのかということについては、借金の額であったり、期間などによって異なってきます。

銀行カードローンの審査に落ちないコツとは

もしも銀行カードローンを利用しようと思ったら、まずは申し込み手続きをしてから審査に通らなければなりません。しかし属性の高さが十分ではない人ほど、それに通るかどうかは心配になるものです。そんな心配を少しでも軽減するためには、幾つかのコツがあります。まずは自分に出来ることから始めてみましょう。
そもそも銀行カードローンとは、安全に借り入れをして無事故で完済してこそ便利で重宝するものなのです。それゆえに貸し付けを行う銀行としては、安全に無事故で利用してくれる人かどうかを確認する必要があるのです。ですから申し込んでくる人全員を一人一人丁寧にチェックしているのですが、それが正に審査なのです。
その銀行カードローンの審査に少しでも通りやすくするためには、とにかく属性スコアリングの得点を高めるように努めることです。具体的にはパートやアルバイトで働いているなら正社員として働くとか、既に他社から借り入れがあるのなら、きっちりと完済してから申し込むなどです。
それ以外にも携帯電話をはじめ公共料金を滞納しないこと、一度に複数の金融機関に同時に申し込んだりしないなども大切なことです。また、申し込みの際には必要書類を間違えたり記入ミスをしないように気を付けましょう。何かミスがあると、申し込みを受け付けてもらえないこともあります。それ以外にも一人前の社会人として相応しい経済力と信用力とを高めるように努力すると共に、経済力と信用力を低めてしまうようなマイナス的なことはしないように注意することです。
カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングはこちら